確定申告の注意点について

 一般にはサラリーマンについて言うと、確定申告をしなくても良いと言うことです。ご存知かと思いますが、医療費控除、住宅ローン控除、地震保険控除などの控除に関しては確定申告をする必要があります。<医療費控除における注意点について>医療費控除の対象となるものは、「治療、療養に必要な医薬品の購入の対価」と言うことです。※風邪薬、ビタミン剤などの購入については、医療費控除の対象とはなりません。

薬局で薬を購入した時に、そのレシートを保存しておきます。また、日用雑貨品などを一緒に購入した時は、関係ない部分について二重線で消しておくと良いでしょう。注意しましょう。それから次に、住宅ローン控除での注意点についてです。(汗)源泉徴収票、登記簿謄本、売買契約書、住宅ローン残高証明書、住民票などが必要となります。

それぞれの添付書類には規定された必要事項が記入します。何となくタイトルだけを見て集めたとしても、不備を指摘されることでしょう。(汗)。それから次に、病院の領収書ですが、医療毎にまとめておかなければいけませんよ。あと、会社の健康保険組合からの医療費のお知らせでは何の効力もないと言います。医療費の明細書を確定申告書と一緒に提出しなければなりません。しかし、その時も医療を受けた人、病院、薬局をまとめるようにしてくださいね。

関連ページ