脂溶性ビタミンC誘導体の効果は?水溶性より持続性が高いって本当?

ビタミンC誘導体には水溶性ビタミンC誘導体、脂溶性ビタミンC誘導体、新型ビタミンC誘導体があります。
水溶性ビタミンC誘導体は即効性があるため、いろいろな意味で使いやすいのです。
脂溶性ビタミンC誘導体は、水溶性ほどの即効性はありませんが、水溶性に比べて、角質層や皮膜層への吸収率が高い、という特徴を持っています。
敏感肌や乾燥肌、大人の肌トラブル改善に有効とされます。
しかし脂溶性ビタミンC誘導体は、高濃度でも低刺激で、安定性にも優れています。
脂溶性ビタミンC誘導体は、水溶性のものにくらべて持続性がより高いといわれています。
脂溶性ビタミンC誘導体は、本来は水溶性であるビタミンCに油分を結合させて作られています。